シャープ空気清浄機

ここでは、「シャープ空気清浄機」 に関する記事を紹介しています。
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
空気清浄機は、いろいろな家電メーカーから発売されていますが、どこのメーカーのものがよいのか、購入するときには迷いますよね。
せっかく買うのですから、いろいろなメーカーのものを比較して、納得のいくものを見つけたいものです。
これからいろいろなメーカの空気清浄機の特徴を見ていきたいと思います。

さてまずはシャープの空気清浄機を見てみたいと思います。
シャープの空気清浄機はプラズマクラスターという技術を売りにしています。
空気中にはウイルスやカビ菌やアレルギーを引き起こすものとなる小さなほこり、ハウスダストや動物などの嫌なにおいなどなどいろいろなものが浮遊しています。
それらをプラスとマイナスのイオンをプラズマ放電によって作り出して放出して、空気中で分解して除去してしてくれる技術が、シャープ独自のプラズマクラスター技術というものです。

それからシャープのこだわりは、24時間空気清浄機を稼働させていても省エネであるということと、音が小さいため気にならないということなどがあります。

これまでのフィルターにこだわった空気清浄機だと、本体いが大きいため場所を取るという欠点がありました。
そこでシャープの空気清浄機は、性能をそのままにキープして小型にしてスペースを取らないもの、狭い部屋にも置ける、気にならないものを作り出しました。

さらにシャープは、面倒な操作を取り付けないことで、だれにでも簡単に扱うことができる空気清浄機を作ったといえます。

また先ほど言及した省エネの点についてですが、弱運転の状態だと、年間300円から600円というわずかな電気代でたくさんの機能を果たしてくれるようになっています。
これなら1日の電気代を考えたら、ほとんどかかっていないといえますね。
それでいてパワフルな風力で花粉は勿論、たばこの煙や小さなハウスダストも逃さずしっかり吸い取ってくれるので、一年中部屋を清潔に快適に保ってくれるのです。

シャープの空気清浄機は、置く部屋の大きさによって3種類用意されています。
運転音はどの清浄機の大きさでも約14デシベルになっていて、気にならライレベルになります。
ホワイト系のものにするとスタイリッシュな感じするのではないでしょうか。

スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。