空気清浄機

ここでは、「空気清浄機」 に関する記事を紹介しています。
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
2008年10月1日から松下電器産業が、社名を変更して子会社も含めすべてパナソニックに統一されることになったために、ナショナルブランドもパナソニックブランドに統合されることになったのです。しばらくの間はナショナルとパナソニックの両方のブランドが存在することになります。

ですから、パナソニックの空気清浄機はナショナルの空気清浄機と同じように、ナノイーが売りになります。
微細化技術ナノテクノロジーの「ナノ」と電気を帯びたという意味のエレクトリック(electric)の「e(イー)」を合わせて名づけたもので、「水に包まれているからマイナスイオンよりも水分量が約1000倍でお肌と同じ弱酸性で人にやさしいイオン」というのがパナソニックの説明です。

この超微細なナノイーを部屋に噴出することによって、繊維の奥まで浸透して花粉やダニの死骸やふんなどのアレル物質を抑制するほか、脱臭効果もあって、更にお肌の潤いも与えてくれる美肌効果も期待できます。
パナソニックの空気清浄機には、ほとんどのものにナノイーが搭載されています。

加湿空気清浄機ももちろんナショナルとおなじになります。
統合されたとはいえ、まだそれぞれのブランドが残っているわけですが、ナショナルとパナソニックの違いと言えば、ファッション性かと思います。
パナソニックの加湿空気清浄機には、シルキーホワイトやブライトシルバーやロゼなどというおしゃれな色のものがあります。
機能においては違いはありません。

パナソニックの加湿空気清浄機は24畳用が主になっていますが、場所を取らないコンパクトなデザインになっています。

花粉のようなアレル物質やハウスダストはだいたい床上30cmぐらいに浮遊していますが、内臓のダストセンサーによってダストを感知して、機械の横から吸い取ります。
ハウスダストだけでなくカビ菌やウイルスなども、「気流ロボット」によって確実に吸い込んで、ナノイーを上から噴出する仕組みになっています。
この加湿空気清浄機の働きによって、ハイハイする赤ちゃんもいつもきれいな空気で過ごすことができますね。

また加湿フィルターも、月に一度に図に浸して洗えば10年間交換不要のため、経済的です。無駄を減らした賢い運転で電気代も抑えられます。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
いろいろな家電メーカーが空気清浄機を出していますが、どのメーカーのものにしたらいいか、迷ってしまいます。
それぞれのメーカーが出している空気清浄機のセールスポイントを比較して、自分の気に入ったものが見つかるといいですね。
こちらではナショナルの空気清浄機についてみてみたいと思います。


ナショナルの空気清浄機が売りにしているのは、「ナノイー」という技術です。
「ナノイー」とは何なのか、ということですが、まず、超微細な水滴で包まれた電子を帯びた原子(イオン)のことをナショナルが「ナノイー」と名づけたもので、空気中にある水に高電圧をかけることによって発生したその超微細な「ナノイー」が、衣服とか絨毯などの繊維の奥まで浸透して、しみついた匂いやダニ、花粉、ウイルス、ほこりなどを抑制する技術だそうです。
ナショナルはこの「ナノイー」をいろいろな製品に搭載しています。

ナショナル空気清浄機には、ホワイトとエレガントレッドがあります。

適用面積は16畳となっていておしゃれでスリムなデザインなので場所を取らないです。

空気清浄機としての脱臭と除菌は勿論、「ナノイー」は保湿効果が抜群に長持ちして、お肌の潤い効果が期待できるということです。
そしてボタンひとつなので誰にでも使うことができ、脱臭効果もとてもいいです。


ナショナルでは空気清浄機のほかにも加湿空気清浄機も人気があります。
加湿と空気清浄に抜群の働きをする上に、集塵フィルターの寿命は約9年、脱臭フィルターは約7年という点も優れています。

また「ニオイセンサー」「ハウスダストセンサー」によって、室内の状態によって気流制御を変える「気流ロボット」とナショナルが読んでいる機能が加湿空気清浄機に搭載されていて、空気を浄化します。

そして「ナノイー」が加湿空気清浄機にも搭載されているので、スチームの10億分の1という超微粒子が空気をきれいに保つ上に肌にやさしい弱酸性となっているのです。体にいい上に肌にもやさしい空気清浄機と言えるでしょう。
ハウスダストやにおい、また花粉などの除去だけと言わず、肌の健康まで考えるのならお勧めの商品と言えます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
空気清浄機は、いろいろな家電メーカーから発売されていますが、どこのメーカーのものがよいのか、購入するときには迷いますよね。
せっかく買うのですから、いろいろなメーカーのものを比較して、納得のいくものを見つけたいものです。
これからいろいろなメーカの空気清浄機の特徴を見ていきたいと思います。

さてまずはシャープの空気清浄機を見てみたいと思います。
シャープの空気清浄機はプラズマクラスターという技術を売りにしています。
空気中にはウイルスやカビ菌やアレルギーを引き起こすものとなる小さなほこり、ハウスダストや動物などの嫌なにおいなどなどいろいろなものが浮遊しています。
それらをプラスとマイナスのイオンをプラズマ放電によって作り出して放出して、空気中で分解して除去してしてくれる技術が、シャープ独自のプラズマクラスター技術というものです。

それからシャープのこだわりは、24時間空気清浄機を稼働させていても省エネであるということと、音が小さいため気にならないということなどがあります。

これまでのフィルターにこだわった空気清浄機だと、本体いが大きいため場所を取るという欠点がありました。
そこでシャープの空気清浄機は、性能をそのままにキープして小型にしてスペースを取らないもの、狭い部屋にも置ける、気にならないものを作り出しました。

さらにシャープは、面倒な操作を取り付けないことで、だれにでも簡単に扱うことができる空気清浄機を作ったといえます。

また先ほど言及した省エネの点についてですが、弱運転の状態だと、年間300円から600円というわずかな電気代でたくさんの機能を果たしてくれるようになっています。
これなら1日の電気代を考えたら、ほとんどかかっていないといえますね。
それでいてパワフルな風力で花粉は勿論、たばこの煙や小さなハウスダストも逃さずしっかり吸い取ってくれるので、一年中部屋を清潔に快適に保ってくれるのです。

シャープの空気清浄機は、置く部屋の大きさによって3種類用意されています。
運転音はどの清浄機の大きさでも約14デシベルになっていて、気にならライレベルになります。
ホワイト系のものにするとスタイリッシュな感じするのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
少し前までは、冬場、家庭には石油ストーブが欠かせませんでしたよね。
そしてストーブの上にはお湯を入れたやかんが置いてあったものでした。
私の時代には小学校にもありました。。(歳がばれますか?)

今現在では暖房と言えば電気ヒーター、ガスヒーター、それからエアコン、石油ファンヒーターなんかがありますね。
どれをとってもスイッチ一つで簡単に家の中を温めることができますから便利なものです。
でも空気が乾燥するというのが問題です。

石油ストーブの上にやかんを置いていた時には蒸気を出していましたから乾燥するということがありませんでした。
全体が乾燥するとインフルエンザウイルスが蔓延したり、ほこりやちりが舞い上がったり、肌も乾燥してしまいます。

そこで加湿器が必要となります。昔のストーブの上のやかんですね。
インフルエンザウイルスは湿気に弱いですから、部屋を加湿することによって喉も潤いますし、インフルエンザとか風邪にもかかりにくくすることができます。
ストーブの上にやかんという風景が見られなくなった今、加湿器は冬の必需品と言えますね。

そんな中、今では加湿空気清浄機という、加湿器と空気清浄機が一体になったものが売られるようになって、とても人気を集めています。
加湿器と空気清浄機が一体になっていると、省スペースの上に加湿によってほこりやちりが舞い上がりにくくなるため、空気清浄もしやすくなります。
春の花粉症の時期にも大活躍です。
花粉を空気中から取り除いてくれると花粉症の人にとってはすごく有り難いですね。
経済的にも、加湿器と空気清浄機を別々につけるよりもずっとお得です。

そこで電機メーカーが、加湿空気清浄機を性能面においてもコスト面においても便利に競って開発してきています。
空気清浄機は、細かいほこりやちりをフィルターでこすので、フィルター交換が絶えず必要でしたが、最近では10年間フィルターを交換しなくてもいい加湿空気清浄機も作られているのです。

機能も向上して、経済的にもお得な加湿空気清浄機は、1台で室内の環境を良くしてくれるので、家庭の必需品と言えますね。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。